外資系企業転職に必要なのは英語力?コミュニケーション力?

本ページはプロモーション(Amazonアソシエイト含む)が含まれています
  1. HOME >
  2. Work - 仕事 >
  3. English - 英語 >

外資系企業転職に必要なのは英語力?コミュニケーション力?

英語力より専門性、スキル

外資系企業の社員達。みんな英語ペラペラなんだろうなぁ?

TOEIC 600点では外資系は無理なんだろうなぁ?

あきらめるのはもったいない!まずはチャレンジです!英語力よりも専門性やスキル

購買部門の採用で、2人の候補者がいると仮定します。

Aさんは、国内企業の類似する製品の購買部門での経験があります。国内から調達していたので、英語はちょっと苦手だけど、製品のことはよく知っているし、折衝能力も優れています。

Bさんは、物流部門で、海外の拠点とのコミュニケーションで英語を使っていました。製品知識はないけれど、英語力を生かして、購買部門で仕事をしてみたいと思っています。

あなたなら、どちらの候補者を採用しますか?

外資系企業だから、英語力を最優先するかと言えば、必ずしもそうではありません。どちらかというと過去の実績や、経験を重視する傾向にあります。

英語での業務経験がなくても、しっかりと身に付けたスキルは、外資系企業の即戦力として働くために、重要視されるポイントです。

英文を見るのもいや、とか、外国人と話をするなんてありえない

って人は難しいですが、そうでなければ、チャンスは大いにあります。

私も新卒で外資系企業に入社しましたが、最終面接で、英語の試験の答案を提示され、

この英語力で外資系で働けると思う?

というお恥ずかしい質問をされました。3割くらいしかできていなかったと記憶していますが

もちろん、大丈夫です!

って即答しました!

新卒ですから、専門性などは評価されませんが、おそらく、英語以外の部分で評価され、入社できたことは間違いありません。

実際、専門知識を兼ね備えたネイティブレベルの日本人を探すことは非常に難しいため、ある程度コミュニケーションをとることができれば、英語力よりも、専門性を優先しているのが現状です。

英語は言語である

当然のことですが、英語は言語です。

通訳や、英文の翻訳の仕事をするのであれば別ですが、あくまでも、英語はコミュニケーションをとるためのもので、メールの文章に誤りがあったからとか、会議で何度も聞き直したから評価が下がるなんてことはありません。

日本人だって、日本語で

会議で何言ってるたいのかわからない人

長いメールで何を聞きたいのかわからない人

いますよね?

以前、海外に出張した際の会議で、ある国出身のエンジニアの英語が全く分からなくて、会議後に一緒に出席していた、ネイティブの同僚に聞いたことがあります。

彼は何を言いたかったんだろう?

ネイティブの同僚が答えてくれました。

おれもわからなかったよ

その後、彼からのメールで、何が言いたかったのか理解しましたが、意外とこんなもんなんだなって、変に納得したのを覚えています。

コミュニケーションをとるうえで大切なこと

そうはいっても、業務を遂行することができなければ、外資系企業で働くことは困難です。

業務遂行が可能なレベルか否かは、面接で、判断してもらえるので、心配は無用!

まずはチャレンジ!

です。

では、面接も含めて、コミュニケーションをとるうえで大切なポイントを解説します。

電話や会議(ビデオ会議)

大きな声ではっきりと!

少し、大きすぎるくらいが良いでしょう。自信がなくても自信満々で良いのです。

最初の挨拶と、お天気の話

当然のことですが、あいさつは、基本中の基本。礼儀の問題ですね。

本題に入る前に、天気の話や、簡単な世間話を準備しておきましょう。自分自身がリラックスするためにも。

あいまいな回答はなるべく避ける

日本人が大好きな、think や、maybe はなるべく使わないようにしましょう。特に面接でのあいまいな回答は、合否に大きく影響します。

わからなければ聞き返す

わからなければ、聞き返せばよいのです。日本語のコミュニケーションでもしているように、何度でも聞き返せばよいのです。相手は、言い方を変えたり、大切な部分をゆっくり喋ったりしてサポートしてくれるはずです。

聞き上手になることも大切

おしゃべりが大好きな外国人の上司。けっこういます。そんな上司には気分よく喋ってもらいましょう。

相槌をうったり、たまに間が空いた時に、ここが大切なポイントだねとか、そこは同意するよなんて言葉を返すことができれば、言うことなしです!

伝えようとする姿勢

うまく伝えようとするよりは、大切な単語を強調したり、ゆっくり喋ったり。決して難しい言葉や言い回しを使う必要はありません。言いたいことを簡単な言葉で伝えられるのがベストです。

メール

相手の文章をうまく使おう

相手が書いている文章をうまく使って、回答することで、間違った解釈を避けることができます。スラングとまでは言いませんが、教科書で習ったような英語ばかりではありません。自分なりの文章になんて考えることはやめてしまいましょう。

箇条書きを有効利用

必ずしも長い文章が良いとは限りません。

箇条書きをうまく使えば、読みやすく、伝えたいことがしっかり伝わるメールが書けます。誤解を避けるためにも有効です。

翻訳ツールで時短

翻訳ツールの進化は目覚ましいものがあります。相手の文章も、自分が書いた文章も、翻訳ツールにかけて、概要をまずは理解、自分の文章は致命的欠陥を発見するのに使いましょう。

いきなり日本語の文章を翻訳して、そのまま使うことは、お勧めしません。

まとめ

就職活動時の英語のテストのことを書きましたが、そんな英語力でしたから、最初はやはり苦労しました。

1人で出張に飛ばされて、10人のアメリカ人の前でのプレゼンは冷や汗でした。

10行のメールを書くのに 2時間かかりました。

それでも、なんとか外資系企業で仕事ができているのは、ちょっとした度胸と笑顔だと思っています。

習うより慣れろ!

語学に関しては、慣れること、それが一番の近道。

今から外資系なんて

なんて思うがなかれ。あなたのキャリアアップ、そして、英語の環境にどっぷりつかれば、いつしか、英語の達人になれるかもしれません。

このブログでも、英語、外資系企業のお話など、これからも引き続き取り上げていきます。

オンライン面接必勝法の記事はこちらから

-English - 英語, Job change - 転職

error: Content is protected !!