Zeppダイバーシティは初めて?入場までの流れは?

本ページはプロモーション(Amazonアソシエイト含む)が含まれています
  1. HOME >
  2. Fun - 趣味 >
  3. エンタメ >

Zeppダイバーシティは初めて?入場までの流れは?

あなたは、Zeppダイバーシティで開催されるライブやイベントに参加予定がありますか?

この記事では、Zeppダイバーシティの場所やアクセス方法、入場までの流れや注意点などを詳しく紹介します。Zeppダイバーシティは、東京・お台場にあるライブハウスで、最大2,473人の収容人数を誇ります。様々なジャンルのアーティストやイベントが開催されており、音響や照明も最高レベルです 。しかし、Zeppダイバーシティに初めて行くとなると、どこにあるのか、どうやって行くのか、どうやって入場するのか、などが分かりにくいものです。この記事を読めば、Zeppダイバーシティで快適に楽しむためのコツや情報を知ることができます。さあ、一緒に初Zeppダイバーシティに挑戦しましょう!

 

 

Zeppダイバーシティは初めて?

Zeppダイバーシティは東京・お台場にあるライブハウスです。

椅子使用のライブもありますが、スタンディングのライブ会場として使用されることが多く、初めて行かれる場合には戸惑うことも多いでしょう。

まずは、Zeppダイバーシティへのアクセスから見ていきましょう。

Zeppダイバーシティへのアクセス

Zepp ダイバーシティは、ガンダム立像で有名なダイバーシティ東京プラザ内にあります。

公共交通機関でのアクセスは以下の通りです。

東京臨海新交通臨海線 (ゆりかもめ)「台場駅」より徒歩5分
東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩3分

自家用車の場合は、高速道路が便利です。

都心方面から
  首都高速11号台場線でレインボーブリッジを渡り、台場ランプで降りて約4分
羽田・横浜方面から
  首都高速湾岸線で東京湾トンネルを通り抜け、臨海副都心で降りて約2分
千葉方面から
  首都高速湾岸線有明ランプで降りて約4分

ダイバーシティ東京プラザの駐車場を使うのが便利ですが、Zepp ダイバーシティの利用では駐車場割引サービス対象外のため、以下の駐車料金がかかります。お得に利用するためには、ダイバーシティ東京プラザでのお食事や買い物でサービスを受ける必要があります。

駐車料金:500円/60分 以降 250円/30分

荷物はどうする? (スタンディングの場合)

Zeppダイバーシティでのスタンディングのライブに参加する場合、荷物は邪魔になりますし、他のお客さんの迷惑になります。邪魔にならない斜め掛けバッグであれば問題ありませんが、ライブに集中するためにも、会場内の持ち込む荷物は、最小限にとどめましょう。

荷物がある場合は、有料ロッカーが建物外、建物内に準備されていますの。催事によっては解放されない場合もありますが、建物外のロッカーは、開場前にも使用することができます。建物内のロッカーは、開場後、混雑が予想されますので、できるだけ、建物外、あるいは、別の場所のロッカーに預けるのが安心です。

到着時間は?(スタンディングの場合)

Zeppダイバーシティでのスタンディングのライブに参加する場合、遅くとも開場時間には現地に到着。前のほうで観たいのであれば、さらに早く到着しておく必要があります。

整理番号付の催事の場合は、開場時間になると、整理番号1番から順次入場することができます。2000番台ともなると入場できるのが、会場から30分後だったりします。整理番号を確認したうえで、到着予定をたてましょう。

整理番号付の催事では、開場時間までは、野外に整理番号ごとの待機場所が設定されるので、そこで開場時間を待つことになります。

Zeppダイバーシティ入場までの流れは?

入場

Zeppダイバーシティでのライブは、入場時に、ドリンク代を支払います(ドリンク代がチケット代に含まれていない催事が多いです)。

電子チケットの場合は、入場の手続きをしてもらい、現金または、交通系電子マネーで支払し、ドリンクコインを受け取ります。

ドリンクコーナーで、ドリンクコインと引き換えにドリンクを受け取ります。

閉演後でも引き換えることができるので、よい場所を確保したい場合は、閉演後に引き換えましょう。(閉演後は混雑します)

アルコールもありますが、ペットボトルと引き換えると、ペットボトルホルダーがもらえます。

フロアに入る

会場に入ったあと、客席に向かうためには、左右どちらかの扉から、ステージのあるフロアに入ります。

通路の一番奥の扉が、一番ステージに近い場所になるので、ステージに近い場所から埋まっていきます。

また、フロアは、胸と腰の間くらいの高さの手すりで何区画かに仕切られているため、各区画の最前列を確保すれば、手すりを使うことができます。前方が埋まってきたら、後方でも、手すりを使える場所が空いていたら、その場所に陣取るのも得策です。

フロア途中には、一段あがったフロアがあり、このフロアに立つと、下のエリアより頭ひとつ分くらい高い目線になるので、この場所の手すりを使える最前列は、おすすめ!

ライブに一人で行く場合は、場所の確保ができないので、トイレはあらかじめ済ませておきましょう。

手すりや、フロアが一段上がっていることは、公式ページのフロアガイドには明記されておらず、催事によっても配置が変わる可能性があります。ご了承ください。

Zapp DiverCity 公式ページ

スタンディングの催事は、すぐ目の前の観客の身長などによって、見え方が違ってきます。あまり前方にこだわらず、周囲を確認して、なるべくいい場所が確保できれば、しっかり楽しむことができます。

まとめ

Zeppダイバーシティでのスタンディングライブは座席指定の会場とは異なり、初めて行かれる際には、戸惑うことも多いです。

荷物は最小限にして、早めに現地に行けるように計画を立てましょう。早めに入場できたのであれば、前方のエリアを狙うのも良いですが、そうでなければ、周りの状況を確認しながら場所を決めていけば、初めてでもライブを楽しむことができるでしょう!

 

 

-エンタメ

error: Content is protected !!

© 2024 harapekostar