外資系企業転職 - 実績あるコンサルタントと一緒に失敗しない転職を

本ページはプロモーション(Amazonアソシエイト含む)が含まれています
  1. HOME >
  2. Work - 仕事 >
  3. Job change - 転職 >

外資系企業転職 - 実績あるコンサルタントと一緒に失敗しない転職を

転職の好機

コロナ禍で先が見通せない状況の中、新しい生活様式が進み、オンラインによるコミュニケーションが主流となる社会がやってきました。

海外との往来が制限され、海外出張もなくなり、外資系企業においては、より、オンラインでのコミュニケーションの機会が増え、また、各国の拠点でより優れた人材を確保する流れになってきています。

一方で、企業の業績も、明暗がくっきりと分かれており、外資系企業についても、しばらくの間、人の流れが変わってくることが予想されます。

転職のチャンスです!

実際に私も 2020年の秋に転職しました。

国内に担当者が不在のポジションで、海外の担当者がサポートしていたのですが、国内に担当者が必要だという判断でオープンとなったポジションでした。

なぜ転職したいのかを明確に

さて、転職を考えているあなた、動機はなんでしょう?

面接で答える内容ではなく、本音は?

職場の人間関係がうまくいっていない
労働環境が悪い
待遇が悪い
業績悪化で将来が不安

といったネガティブな動機もあれば

自分の実力を試してみたい
将来を見据えてキャリアアップしたい

というポジティブな動機もあるでしょう。

なんとなく、ネガティブな動機が悪いようなイメージがあるかも知れませんが、私の転職経験を振り返ると、ネガティブな動機で転職して大成功したこともありました。

裏を返せば、ポジティブな動機であっても、あれ、ちょっと違ったなって思う転職もありました。

大切なのは、動機を明確にすること、そして、5年後、10年後にどうなっていたいかを明確にすることです。

自分の経験をアピールしよう

外資系企業への転職のために作成するレジュメ。

日本企業に転職する際に提出する履歴書や、職務経歴書とは異なるアプローチをする必要があります。

レジュメは自分を売り込む広告である

事実を時系列に並べただけの書類は、多数の応募者の書類の中に埋もれてしまい、残念ながら目にとまりません。

具体的な成果を出しているのであれば、具体的な数字
具体的にどんな取引先とのプロジェクトに関わったか

など、必要に応じて、グラフを使ったりして、目立たせるのも良いでしょう。

私の場合は、専門誌の取材を受けた記事を、必ずレジュメと一緒に送っていました。

多数の応募者の書類を見ている採用担当者が、この応募者のことが気になる!会ってみたい!と思うようなアピールができれば最高です。

 

事前の情報収集

求人情報と合わせて、企業情報の収集はとても大切です。

最近では、Best place for work といったランキングを見ることもできますし、実際にその企業で働いている人の口コミを見ることもできます。

これらは、最低限確認しておくべきだと思いますが、実際に、あなたが採用されて配属される部署のことを知るのは難しいものがあります。

その部署の社内での立場は?
上司はどんな人なのか?
あなたのポジションは社内でどんな位置づけなの?

こういった内容は、面接においてもなかなか核心に触れることができず、入社後にビックリ!といったケースも十分にあり得ます。

私も、非協力的な海外本社と、厳しい顧客との間で板挟みになるポジションで、過去に何人も短期間で退職していることを入社後に知り、苦労した経験があります。

可能であれば、その企業のことを知っている知人や取引先の方を見つけて、情報収集が出来れば良いのですが。

憧れのインテリジェントビル勤務になったのに、考えていたのと違う環境だったということにならないためにも、しっかり情報収集しましょう。

頼れるパートナーとともに

転職の動機を明確にすること!
自分の経験をアピールすること!
情報収集をしっかりすること!

これらが、外資系企業転職の成功のために大切だと述べてきましたが、最も大切なのは、信頼できるコンサルタントと共に進めること。

私も、たくさんのコンサルタントと面談をして、転職活動してきました。

メールだけのやりとりで済ませるコンサルタントもいれば、面談でしっかりと話に耳を傾けてくれるコンサルタント。

私がお会いしたコンサルタントで、結果が良かったコンサルタントはこんな方でした。

当時の勤務先と仕事の内容、動機から、転職する時期ではないとアドバイスをくれた。
レジュメを、応募企業がフォーカスしているポイントを考慮した上で、添削、修正してくれた。
面接のたびに、面接官のバックグラウンドや、性格をわかる範囲でシェアしてくれた。
転職後の経過についても、定期的に状況確認の連絡をくれた。

こういった、しっかりしたサポートの背景には、担当が単独ではなくチームで動いていることがあります。

転職希望者の希望する条件や、求人情報をチームで共有することによって、より適した仕事を探すためのチャンスを広げ、また、採用過程や、採用後においてもしっかりサポートしてくれる。

こんなコンサルタントがそばにいてくれたら、あなたの転職活動が、より成功に近づくことは間違いありません。

こんな転職希望者の期待に応えてくれるのが、エンワールド

APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。
優れた実績と『トータル・タレント・エンゲージメント』という新しいアプローチで、長期的なキャリアをしっかりとサポートしてくれるので、まずは、あなたの現在の状況や、5年後、10年後のプランを話してみませんか?

 

-Job change - 転職

error: Content is protected !!

© 2024 harapekostar