前田悠吾の伸び代は?ドラフト2023上位指名の可能性は?

本ページはプロモーション(Amazonアソシエイト含む)が含まれています
  1. HOME >
  2. Sports - スポーツ >
  3. Baseball - 野球 >

前田悠吾の伸び代は?ドラフト2023上位指名の可能性は?

前田悠吾選手(大阪桐蔭高等学校)が今年のプロ野球ドラフトの指名候補として注目を浴びています。

多くのファンや関係者からその名を頻繁に聞かれるようになりました。彼の今までの実績と、プロ野球選手としての伸び代、そしてドラフトでの上位指名の可能性について、この記事では、その疑問を解消します。

前田悠吾の伸び代は?

前田悠吾選手は、滋賀県長浜市の出身です。

前田悠吾選手は、小学6年生の時にオリックスジュニアに入り、中学1年生の時にU-12日本代表に選ばれてカル・リプケン世界大会で世界一を経験しました。この時点で、早くから頭角を現していたことがわかります。

最速148km/hのストレートにカーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシームを交える投球で、大阪桐蔭高校では1年秋からベンチ入りし明治神宮大会の優勝に貢献。注目を集めました。

2年生になってからも成長を続け、センバツでは2試合で被安打3、防御率0.78と圧巻のピッチングを見せました。この大会で、前田悠吾選手は「2年生ビッグ4」の中でも突出した存在として注目されました。

3年生の大阪府大会の準決勝で東海大大阪仰星と対戦しました。この試合では、前田投手は先発して6回を投げ、5安打2失点という内容でした。しかし決勝戦は8回3失点で全国大会出場を逃しました。

コンディション不良も伝えられましたが、U18ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場し、この大会で3試合に先発、計13回2/3を投げて1勝0敗1セーブ、防御率0.66という素晴らしい成績を残しました。被安打はわずか4本で、奪三振は28個と圧倒的な投球を見せました。米国戦では5回2/3を無失点に抑え、強力打線を完封しました。台湾戦では6回を1失点に抑え、日本の初優勝に貢献しました。両試合ともに最速149キロの直球と多彩な変化球で相手打者を翻弄しました。

前田投手は、この大会で高い評価を受けました。日本代表の馬淵史郎監督は「当然です。勝てるピッチングをしてほしいです」と前田投手をエースとして信頼していました。また、米国代表のジャック・レイジャー監督は「彼は素晴らしいピッチャーだ。彼が投げるときは、我々は何もできなかった」と前田投手の実力を認めていました。

これらの実績を考えると、前田悠吾選手はまだまだ伸び代があり、肉体の強化により、球速も伸びてくると考えられ、プロ野球選手としても活躍が期待できます。

 

前田悠吾のプロフィール
誕生日 2005年8月4日
利き腕 左投左打
身長 180cm
体重 80kg
ポジション 投手
中学 湖北ボーイズ
高校 大阪桐蔭高
全国大会 選手権:1回:2022(大阪桐蔭)

センバツ:2回:2023(大阪桐蔭)、2022(大阪桐蔭)

 

前田悠吾ドラフト2023上位指名の可能性は?

前田悠吾選手は、プロ志願届を提出しており、2023年のドラフト会議においても上位指名される可能性が高いです。

スポーツ関連のメディアにおいても2023年のドラフト会議の注目選手としてピックアップされています。

日刊スポーツ

読売新聞オンライン

U18ワールドカップ(W杯)で日本を世界一に導いた「世代 NO.1左腕」は、2023年ドラフト会議において上位指名間違いなしです。

 

まとめ

前田悠吾選手(大阪桐蔭高等学校)が今年のプロ野球ドラフトの指名候補として注目を浴びています。

U18ワールドカップ(W杯)で日本を世界一に導いた実績は、プロ球団からの評価も高く、2023年のドラフト会議での上位指名が確実です。

ドラフト会議関連のこちらの記事も参考にしてください。

 

-Baseball - 野球

error: Content is protected !!

© 2024 harapekostar